読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

awejf;a

英文を読むことに慣れてくるにつれて、前置詞を読み飛ばす癖がついていたことに気が付いた。個人的に英語を書くときに困るのがこの前置詞であることが多いため、これからは英文を丁寧に読み前置詞の用法を身につけていきたい。

ogaowiegja

毎日ネットをしてカスみたいな時間を過ごすのはあまりに非生産的なので、今日から一日一時間本を読んだりコードを書いたりして毎日記録していくことにしよう。と思ったけど今日は無理そうなので明日からがんばろう。

weogiah

Rubyのしくみ を読み始めた。

平易な文章で難しいことが説明されていて、名著の予感がする。

zxcv

Functional Programming in Scalaの日本語のやつを読んでいる。内容的にはかなり難しくて、6割ぐらいの理解で読み進めている。とりあえず並列処理のライブラリのところまで読んだ。

hoihohohoiho

久しぶりにScalaの勉強をしていたらなんかハマってしまって、今日はScalaのブログ記事を読み漁っていた。

gses

最近は割とクソなコードを読む(というか、読まざるを得ない)機会があって、そんな日にはガリガリと精神が削られていく。そしてどんなにがんばったとしてもそんなコードを集中して読み続けることは不可能であることが分かってきた。どうしても途中でやる気が萎えてしまうのだ。

クソコードの真に害悪である点とは、それは、読む人に精神的ダメージを与える点である。単に読みやすい/読みにくいの問題ではない。本人にその気はなくとも気づかないうちにソフトウェアは精神兵器へと変貌している場合がある。

総合的な「プログラミング能力」というものがあるとすれば、「やる気をどれだけキープできるか」「モチベーションを保つのがどれだけ上手いか」という能力がかなり重要なのだろうと思う。思うに、「プログラム能力が高い」ということは長時間プログラムを書き続けることができるということなのだ。そういう点でクソコードはプログラマのプログラミング能力を奪うから、よくないものなのだということが分かる。

とりあえず今日はもう寝よう。